■台湾国内外の業界関係者なども含めた総来場者数はおよそ13万人。この数はほぼ例年並み。しかし、主催者が注目しているのは総来場者数ではなく、外国人バイヤーの登録者数だ。海外からのバイヤー登録者は167国と地域から合計41,378人。この数字は2016年に比べてほぼ横ばい。一時の勢いは失いつつあるものの、海外からこれだけの数のバイヤーが集まる展示会は日本には例がない。Computexとは海外から集まるバイヤーが台湾製品を買い付けていくための展示会である。最先端の技術に触れたり、トレンドを見たり、情報収集のための展示会ではなく、台湾製品を海外に売りさばくためのトレードショウ、それがComputexである。

■具体的な人数は発表されていないが、地域別では中国、日本、アメリカ、韓国、香港、タイが上位の5地域。それにシンガポール、ベトナム、マレーシア、インドが続く。2016年は民進党への政権交代があり中国からの渡航者制限の影響で中国人来場者が激減した。今年も同様にこの減少傾向は続いているが、それでも地域別統計でみると中国からの来場者が最も多い。政権が変わってもビジネスの世界ではなお中国と密接な関係にある現状は変わらない。来場者数はその実態をよく表しているとも言えるだろう。

■さらに、主催者の発表によると、伸び率が高かった地域としてタイ(伸び率30.63%)、インドネシア(22.52%)、インド(20.86%)、ベトナム(20.44%)、およびロシア(14.81%)を挙げている。特に、民進党政権が打ち出している「新南向政策」によりアセアン諸国からの来場者が増えたことも今年の傾向のひとつである。Computex2018の基本情報はTCA東京事務所と検索の上、ウェブサイトにて。

■これまで台湾は対外貿易に依存する形で産業発展を遂げてきたが、民進党政権は東南アジア諸国連合や南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなどアジア18か国との関係強化を打ち出している。経済・貿易の分野だけでなく、科学技術、文化、医療、観光、人材交流なども含めた多角的な経済交流を進めていく方針である。こうした台湾政府の方針がComputex来場者数からもわかる。この傾向は今後も続いていくことが予想される。

■また、出展ブースでヒアリングしてみると、「今年は日本人が多かった」という感想をあちらこちらで耳にした。正式な統計数字は発表されていないが、筆者の推計で日本人来場者はおよそ4千人。景気の回復を反映してか日本人は例年以上に多かった印象を受ける。
これは日本の景気が回復基調にあることに伴い、企業の海外出張経費も上向いていること。さらにComputexの出展製品がIoT分野に裾野を広げていることも日本からの来場者を増やしているものと考えられる。

■センサー王国である台湾の実用先端的な技術や製品の開発力に注目が集まっている。ここ数年、来場者がComputexに期待することが変わりつつある。単なる調達先探し場ではなく、アライアンスパートナーを探す場として、多くの来場者がComputexの見方を変えてきている。日本人来場者も例外ではないようだ。

============================================
■■■ Computex & InnoVEX2018 開催概要 ■■■
 http://www.computex.biz/computextaipei/2018/
============================================
≫会期:Computex2018 6/5(火)~6/9(土) 会期 5日間
 InnoVEX2018 6/6(水)~6/8(金) 会期3日間
≫会場:Computex2018 台北世界貿易センター/南港ホール
 InnoVEX2018 世界貿易センター第3ホール
≫時間:午前9:30~午後6:00
 ただし、Computex最終日4:00pmまで
≫主催:TCA/Taipei Computer Association
 TAITRA/台湾対外貿易発展協会
≫出展規模:Computex 1,600社、5,010小間(2017年実績)
 InnoVEXベンチャー企業272社(2017年実績)
 InnoVEXピッチエントリー企業数100社、セミファイナリスト28社
 ファイナリスト8社、優勝賞金30,000米ドル
≫来場者数:167か国と地域から41,378人(2017年実績)
≫事前登録
 https://computex2018.accupass.com/Buyer/Step1
============================================
≫Computex & InnoVEXの特徴
・4万人の外国人バイヤーが集まるアジア最大のITトレードショウ
・InnoVEX は2016年から併設されたベンチャーイベント/ピッチに注目
・製品調達で、海外市場開拓で、パートナー探しのため4千人の日本人

■Computex & InnoVEX2018公式サイト
 http://www.computex.biz/computextaipei/2018/

■Computex & InnoVEX2018「事前勉強会」はこちらから
 http://asia-n.biz/?p=3033
■Computex & InnoVEX開催概要
 http://www.tcatokyo.com/Computex01.html

■Computex & InnoVEX2018開催概要/ダウンロード
 http://www.tcatokyo.com/COMPUTEX2018-1.pdf