■セミナ‐■10/25(木) 「一帯一路」の現状と将来、日本企業の商機と課題

10/25(木) 19:00-20:30 東京/大崎

■中国が進めるグローバル戦略、「一帯一路」の基本を学ぶ勉強会です。
知っているようでまだまだ理解が不十分な点が多いのではないでしょうか。
なぜ、いま「一帯一路」なのか、その背景と現状、中国の本当の狙いは?
日本はどう向き合っていくべきか、日本企業にとってのビジネスチャンスは?
名古屋市立大学/22世紀研究所、特任教授の中川十郎氏を招いて、
お話を伺います。ぜひ、ご参加ください。

■テーマ■「一帯一路」の現状と将来、日本企業の商機と課題
1)なぜ「一帯一路」か、その背景を理解する。
・経済の発展軸がユーラシアへ
・仮想現実国家中国(Virtual State of China)華僑、華人ネットワーク
・上海協力機構(SCO)ユーラシア経済連合(EEU)の融合が「一帯一路」
・第3の物流革命~北極海・氷上シルクロード

2)シルクロード陸の拠点「西安」と海の拠点「天津」
・陸、空の物流網の構築、関連施設、インフラの建設が進む西安
・海の物流拠点と自由貿易試験区で注目を集める天津
・西安に8000億円を投資、半導体の製造をもくろむサムソンの動き

3)ユーラシアを制するものは世界を制する
・アジア・ユーラシア物流革命時代の到来
・グローバル競争時代の最後の競争優位のカギは物流費の削減
・国際物流・輸送戦略が21世紀の競争力を左右する
————————————————-
■実施要綱
————————————————-
日 時:10/25(木) 19:00-20:30(18:30受付開始)
会 場:大崎ゲートシティWestタワー/南部労政会館「第3会議室」
品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ウェストタワー2F
最寄駅:大崎(JR山手線/埼京線/りんかい線)南出口から徒歩2分
地 図:http://www.asia-net.biz/map_ohsaki.jpg
定 員:30人(定員になり次第、締め切ります)
参加費:1,000円(当日、会場受付にてお支払いください)

■講師:名古屋市立大学22世紀研究所 特任教授 中川十郎氏
1935年鹿児島県生まれ。ラサール高校卒業。東京外国語大学イタリア学科
国際関係専修課程卒。ニチメン(現双日)入社。バグダッド、ベイルート、
ニューデリ、リオ、サンパウロ、 パナマ、カナダ・カルガリー駐在を経て
米国ニチメン・ニューヨーク本社開発担当副社長。
愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部・大学院教授。米コロンビア
大学ビジネススクール客員研究員。日本ビジネスインテリジェンス協会理事長、
国際アジア共同体学会学術顧問。元JETRO貿易アドバイザー、WTO船積前貿易
紛争処理委員。世界銀行CSRコンサルタント。オリンパス(株)特別委員。
ビジネスインテリジェンス、 グローバルビジネス・マーケテイング研究に従事。
中國競争情報協会国際顧問、対外経済貿易大学客員教授、中國 膨州市、天津市、
青島市、楊凌市国際貿易顧問。『国際経営戦略』『CIA流戦略情報読本』
『知識情報戦略』、”IntelligentCorporation”など著書、翻訳書等多数。

※下記をご記入の上、折り返しメールにてお申込みください。
———————–
■受講申込 10/25(木)
———————–
氏 名:
会社名:
部署/役職:
URL:
e-mail:
———————–

記事を印刷この記事を印刷する