Computex2019 Report<1> 1,685社、5,508小間、171の国と地域から42,495人のバイヤー登録

■1,685社、5,508小間、5月31日(火)から会期5日間で開催

Computex2019 & InnoVEX2019は5月28日(火)から6月1日(土)まで、会期5日間で開催された。毎年6月上旬に開催されるComputex2019 & InnoVEX2019であるが、2019年は5月末、会期は火曜日から土曜日という点は変わらない。主催団体はComputer Association/TCA(台北市電脳商業同業公会)とTaiwan External Trade Development Council/TAITRA(台湾対外貿易発展協会)、2つ団体による共同主催。出展企業数は1,685社、5,508小間の出展規模。過去最高の規模での開催となった。ASUS(華碩)、Benq(明碁)、Gigabyte(技嘉)、MSI(微星)、MiTAC(神達)、DELTA(台達)など台湾を代表する大手ベンダーから、中堅・中小企業、スタートアップベンチャーまで幅広い出展企業を集めての開催。台湾のIT製品の買い付けを目的に海外から4万人を超えるバイヤーが集まるアジア最大のITイベントである。Computex2020開催概要はこちらから(http://www.tcatokyo.com/Computex2020-1.pdf)

■171の国と地域から42,495人のバイヤー登録者

総来場者数はおよそ11万人。この数は台湾国内外の業界関係者なども含めた来場者総数である。昨年に比べると来場者総数は微減。しかし、主催者が注目しているのは総来場者数ではなく、海外からのバイヤーの登録者数だ。
バイヤー登録者は171の国と地域から合計42,495人。この数字は昨年に比べて0.5パーセント増。具体的な人数は発表されていないが地域別に見ると中国、アメリカ、日本、韓国、香港が上位5つ。これにタイ、 シンガポール、ドイツ、マレーシア、インドが続く。昨年まで中国からの来場者が減少傾向にあったが、ここにきて増加に転じている。一方で、タイやマレーシアなど東南アジア諸国からの来場者が昨年同様堅調に増えている。アメリカと日本からの来場者はそれぞれおよそ4千人。日本からの来場者は増加傾向。今年も日本人グループの姿を会場のあちらこちらで見かけた。

<写真1>出展企業1,685社、出展ブースは5,508小間、写真は南港1ホール4F

Computex2020 (1)

 

 

 

 

 

 

 

<写真2>海外からのバイヤー登録者数は海外171の国と地域から42,495人

Computex2020 (2)

 

 

 

 

 

 

<写真3>5/28(火)~6/1(土)まで会期5日間、写真は世界貿易センター第1ホールのInnoVEX会場

Computex2020 (3)

 

 

 

 

 

 

<写真4>世界中から集まるバイヤーは視察や情報収集ではなく、製品の買い付け、具体的な商談が目的

Computex2020 (4)

 

 

 

 

 

 

 

記事を印刷この記事を印刷する